サービス内容

HOME» サービス内容 »ご相談・お問い合わせ | 目黒・世田谷の新築戸建・マンション・賃貸の不動産仲介

サービス内容

ご相談・お問い合わせ | 目黒・世田谷の新築戸建・マンション・賃貸の不動産仲介


アユクホームでは、まずはお客様とお打ち合わせを行い、おおよその希望条件についてヒアリングを行った後、担当者を決めさせていただき、総合的にお客様をサポートさせていただいております。以下、住まい購入に関する大まかな流れです。

 

   希望条件を整理する
実際に入居(購入)したい時期、住みたい地域、住宅の広さ・間取り、こだわりのポイントなど、お客様の考えを整理します。

 

   不動産会社を訪問する
不動産会社に自分の希望条件を伝えて、物件の紹介をしてもらうよう依頼します。

 

   予算を決める
不動産会社の担当者とともに希望の住まいを購入するための概ねの相場を調べます。また、ローンで購入する際、毎月支払うことのできる返済額などを確認し、予算の目安をたてます。

 

   住まいを探す
担当者からの紹介物件のほか、インターネットや業界情報誌、チラシなどから物件情報を集め、希望条件に見合う物件を探します。

 

   物件の内見予約をする
気になった物件があれば、不動産会社に連絡して内見の予約をします。
(※弊社の場合、インターネット等で探した物件でも、担当者に伝えていただければ当該物件の紹介をさせていただきます。)
なお、不動産会社は鍵の手配などを行う必要があるので、余裕をもって希望日時を伝えます。

 

   住まいを探す
予約した日時に不動産会社の担当者と一緒に物件の内見をします。希望地域に複数の気になる物件があれば、事前にその旨を伝え、効率的に回るように心掛けましょう。
不動産物件を見れば見るほど、不動産に対する目が肥え、失敗しない家選びができます。

 

   購入の申し込みをする
理想の物件が決まれば購入の申し込みをします。購入の場合は、「購入申込書」に購入希望額、氏名、捺印します。この「購入申込書」は、売買契約書(手付金の支払い義務)とは違い、あくまで購入意思がある旨を書面に意思表示するためのものです。

 

   購入希望額の記入
「購入申込書」には、購入希望額を書く欄があります。あらかじめ物件の売買(参考)価格がありますが、値引き交渉をする場合は、書面によって行うことが一般的で、この購入希望額の欄に「値引きして購入したい額」を書き込みます。

 

   契約前準備について
「購入申込書」には、法的な拘束力はなく、買主・売主ともいつでも契約を撤回することができます。しかしながら、購入意思のない物件(または低い物件)への申込みは、道義的に反することですので、よく考えてから申込みを行ってください。

 

   購入意思の通知
購入の申込みは、不動産会社を通じて売主に通知されます。売主側でその購入希望額で売却意思があることが確認できれば、不動産会社は物件を押さえる手続きを行います。

 

   購入資金の準備
一方、買主側は購入資金として、現金または住宅ローンの準備をします。住宅ローンには事前審査というものがあり、実際に住宅ローン審査が通るのか、指定の銀行に打診することをいいます。なお、住宅ローンには、さまざまなローン形態、金利設定方法があるので、担当者まで相談いただければ幸いです。

 

   契約を締結をする
不動産売買の契約に際し、不動産会社は売主・買主双方の当該不動産の売買契約書を作成します。売買契約書の締結に際しては、宅地建物取引主任者の「書面での重要事項説明」が法律で義務付けられています。その際、わからない点があれば不動産会社に質問し、自身が納得いくまで書名・捺印しないようにします。売買契約が締結したあとでは、簡単にキャンセルできません。
※ 手付金を放棄しなければならない(違約金相当額)、不動産会社への仲介手数料も一般的に支払うことになります。

 

   ローン特約による契約
なお、売買契約にあたり住宅ローンを組む場合は、「ローン特約」を設けます。万が一、ローン審査が通らない場合は、白紙解約となり、支払済みの手付金は返還されます。また、契約が白紙解約されているので、仲介手数料の支払い義務も発生しませんので、仮にローン審査前に仲介手数料を支払った場合は、その仲介手数料についても返還されます。

 

   購入(売買契約締結後)の対応
売買契約締結後、実際の入居時期を確定していきます。物件の受け渡しまでに、土地の実地測量や確認申請等の手続きがある場合、通常2カ月程度の期間をいただくことになります。
その後、取引価格の残金(手付額から差し引いた額)の支払いが終われば、晴れて物件の鍵の受け渡しが行われます。ちなみに不動産登記完了まで、更に2週間程度かかります。

 

   入居後の対応
住み始めてみないとわからなかったことは、仲介した不動産会社に相談します。売主が業者であれば「瑕疵担保責任」や「アフターサービス保証」というものがあります。中古物件で売主が業者でない場合であっても、「瑕疵担保責任(保証内容、期間はさまざま)」がついていることがあります。売買契約締結の際に、重要事項として「瑕疵担保責任」の説明がありますので、必ず納得し理解した上で購入するようにします。

 

   不具合が出てしまったら
引っ越しを終えて、いよいよ実際に生活してみると、いろいろなところで不具合に気づくことがあります。万一、何か不具合が出た場合は、不動産会社に相談して修繕の依頼をお願いしましょう。
2013/10/30