お役立ち情報

HOME» お役立ち情報 »住宅プランニングについて | 目黒・世田谷の不動産仲介お役立ち情報

お役立ち情報

住宅プランニングについて | 目黒・世田谷の不動産仲介お役立ち情報


    住宅プランニングについて

住宅プランニングと聞いてどういったイメージを持たれているでしょうか?

住宅を購入するといっても、建売住宅もあれば、土地を購入してその上に注文住宅を建築するなど、その選択肢は多様です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、その違いを十分理解された上で、ご自身に向いた住宅を手に入れられると良いと思います。

建売住宅とは、土地と住宅がセットになって販売されている住宅です。一般に大きな土地をいくつかの区画に分けて、その区画ごとに住宅を建てて販売します。おおむね同じ仕様の住宅をいくつか建てて販売するところが多く、完成住宅を販売する場合もあれば、建築プランに沿って建築途中の段階で販売する場合もあります。

なお、建売住宅では、販売価格が土地と建物ともに明示されているため、最終的に住宅取得に必要な費用(住宅販売価格+諸費用等)がイメージしやすいということがいえます。また、希望の間取りや住宅設備、希望地域が合致すれば、注文住宅より価格面で割安に取得できるといったことがメリットでしょう。

 

一方、注文住宅とは、設計事務所やハウスメーカーに建物の設計を依頼し、土地に関しては、建物と切り離して探すといったプロセスを踏まなければなりません。設計事務所やハウスメーカーから土地を紹介してもらうこともできますが、基本的には、希望する地域にある不動産仲介会社をまわって、土地を探すといった形が取られます。価格については、設計の段階で概ね住宅取得に必要な費用(建物+土地+諸費用等)がわかりますが、希望条件にこだわりすぎると予算の範囲から大幅に乖離するケースも多々あります。

なお、注文住宅の最大のポイントは、建て方(工法)や間取り、住宅設備、内装、外装が、自身の希望に沿って自由に選択できるという点です。ただ、住宅を建築する際「建築基準法」などの住宅関連の法律によって、希望通りに建てられないケースもあります。特に土地の形状や用途地域(法規制)の確認は重要です。土地は探せたけど希望通りの建物が建てられないといった不測の事態が起こらないよう、土地探しと建築設計を同時並行的に進めて、場合によっては設計プランを不動産仲介会社に見せて、相談しながら進めていくと良いと思います。

 

住宅を建てる(購入する)とき、広いリビングダイニングの他に、パパには書斎、ママには家事部屋、子供には個室を持つのが夢ではないでしょうか。ただ、家を建てる場合は「10年先のことを考えろ」ともいわれます。子供が成長し同居しなくなった、家は広いけど使わない部屋が出来てしまって、物置きのためだけになっているといった声をよく耳にします。

結局のところ、狭くても広く感じる家であることが大切です。現在、住宅の間取りを表すのに、2LDKとか、3LDKといった表現を使います。昔は和八・六・四半畳・洋六半・浴・台・洗・便などと表示していました。これなら部屋数が多くても、広い家なのか狭い家なのかはすぐに想像できました。

現在のLDK表示では、なんとなく2LDKより3LDKの方が広い家という印象を持ちます。しかし、同じ面積で2LDKと3LDKのどちらが広く感じるかといったら、2LDKの家の方に軍配があがります。なぜなら、2LDKの家には16畳程度の大きさの部屋がありますが、3LDKの家ではもっとも広い部屋でも10畳程度です。言い換えれば家の中にいる限りは10畳より広い空間がないからです。

家の中に居るとき、家の広さを感じるのは、一番大きい部屋の広さと高さといわれています。いくら建物全体が大きくても小さい部屋ばかりでは、家の中に居る限り広さを感じません。部屋の大きさがその家の広さということになってしまいます。

吹き抜けなどは無駄な空間であるように思えるかもしれませんが、家の中に大きな吹き抜けがあれば、人間の視線は遠くに及び、空間的な広さを実感できます。住宅の広がりを平面だけではなく、立体的な空間として考えることで、広さを感じることを可能にします。今まで居住スペースにならなかった玄関や廊下などの空間も、うまく居住スペースに転換することができれば、小さな家でも広く感じられる家へと変身することが可能です。是非参考にしてみてください。

 

 

2013/12/21

お役立ち情報

スーモ賃貸

求人情報

パノラマ部屋探し

ミスユニバース東京2017




最新情報

売買物件情報

賃貸物件情報

インフォメーション

サービス内容

お客様の声一覧

掲載済物件情報

お問合せ

 

地盤ネット

管理画面

powerdby